歯の黄ばみ解消【歯を白くする】方法、最安値は直輸入にあり

歯の黄ばみを解消する市販のホワイトニング、歯を白くする方法・ランキングにしてみました

ホワイトニング

歯の黄ばみ、気になりませんか?

 

私、タバコは吸わないのですが、紅茶が大好きで、毎朝、ミルクティーにして飲みます。

 

よく歯と歯茎の下側が茶色くなります。茶渋の影響でしょうか、歯を見せるのが恥ずかしくなって、自然に笑えません。

 

本当は歯医者さんでオフィースホワイトニングしたいのですが値段が高いので、ホームホワイトニングにチェレンジしています。

 

独断と偏見で、おすすめのホームホワイトニングを一覧にしました。

 

薬用パールホワイト

 

★価格 単品8400円、定期購入初回限定 3240円(送料無料)
★内容 1本30ml  1日3回使用で約2〜3週間分

 
製薬会社と共同開発したホワイトニング専用歯磨き。薬用の力でより白く、より健康的できれいな歯と笑顔に!
@コスメ第1位獲得の歯磨き粉 ハイドロキシアパタイト、ポリリン酸ナトリウム配合

 

詳しくは公式サイトへ⇒http://biken-mall.com/


ブラニカ

             

★価格(税別) 単品2700円 初回2430円 10%オフ (定期コース送料無料)

★内容 ブラニカ30g
 
30日間の全額返金(初回限定)
5本セット購入なら15%オフ
毎日の歯みがき粉を変えるだけ
 
詳しくは公式サイトへ⇒http://www.bleu-blanc.co.jp/
 

ビースマイル

★価格 単品7000円 初回5600円(送料無料)

★内容 ビースマイルTW30g ビースマイルNW300ml


そんな何年も沈着した落ちにくい歯の汚れ、コーヒーに紅茶や緑茶、タバコのヤニや黄ばみも、簡単に落とすのが「.be smile」。
 
どこでもブラッシングするだけで歯をつるつるピカピカに。
 
詳しくは公式サイトへ⇒https://odecomart.com/

はははのは


 

★価格 単品3500円 初回1980円(初回限定送料無料)*定期便は送料無料

★内容 はははのは30g
 
10日間返金保証
安心してお使いください。
朝晩しっかりと使って実感したい方は
7000円⇒3960円と43%オフでお求めできます。
 
詳しくは公式サイトへ⇒http://co-heart.com/


薬用ちゅら トウースホワイトニング

★価格 単品4980円 初回3980円(送料:定期購入で無料)

★内容 1本30g  1日2回使用で約1か月分


厚生労働省が認定した医薬部外品です。


○ポリアスパラギン酸⇒黄ばみやステインを除去 ○ビタミンC+リンゴ酸 ⇒歯に付着した汚れを落とす!
○GTO ⇒虫歯リスクの軽減




虫歯の予防や口臭など需要の多いお口のお悩みにも対応できます

詳しくは公式サイトへ⇒http://www.churacos.com/

⇒6位以下はコチラ

 

日本の若い女性も歯の白さをきにするようになってきました。欧米では歯の白さは昔から美貌のひとつでしたが、日本でも歯の黄ばみを気にするようになりました。
あと、10年もしたら、20代女性の半数くらい方がホワイトニングするようになるのではないでしょうか。

 


歯の黄ばみを解消するオフィースホワイトニングとホームホワイトニングの違い

ホワイトニング坊や

 

歯の黄ばみを解消する方法はいくつかあります。

 

一般的には歯医者さんにお願いするオフィースホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングです。歯科医の指示で自宅でホワイトニングをする場合もあります。
 
オフィースホワイトニングは料金が高いですが、通院すればいいので楽です。ただし、お金と通う時間、待合室で待つ時間などをたくさん使います。
1回行けば終わりではないので、定期的に通う必要があります。
 
一方、ホームホワイトニングはお金は安く、自宅でできるので短時間で済みます。ただし若干面倒です。どちらがいいのかは人によって違います。
 
歯医者さんでオフィースホワイトニングするためのランキングも作りました。

 

オフィースホワイトニングのランキングはこちら

 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ために知っておきたい歯の構造について

ホワイトニング坊や

 

「歯の黄ばみを解消したい、歯を白くしたい、ホワイトニングをしたい」。

 

でも歯医者さんに行けば1回1万円、場所によっては総額で7〜8万円取られます。これではちょっといけないあ〜、どうしようかな?とお悩みの方、たくさんいらっしゃいます。

 

そこで歯科医に通うのと同じような効果が得られやすいホームホワイトニングを紹介しました。

 

もう一つ大切なのは、歯の知識を深めることで自分に合ったホワイトニング方法を知ることです。

 

 

歯の黄ばみが気になる、歯の白くしたいと思って歯医者に行く。ホワイトニングジェルを買う。ホワイトニングに関しては知識を得ることも、行動に移すことも少ない日本人ですが、まずは歯の構造を知ってください。
 
歯はエナメル質、象牙質、歯髄、セメント質、歯根膜に分かれます。
 
 
 
歯の表面は滑らかだと思っている人が多いですが実際は凹凸や隙間がいっぱいです。拡大顕微鏡で見るとよくわかります。爪楊枝の束のように小柱がまとまった構造になっています。

 

歯の黄ばみ、歯の変色はどうして起こるの?その原因は?
歯の黄ばみ嫌ですね、でも心当たりはありますよね。考えてみましょう。
 
1.歯をよく磨かないで寝てしまう、歯の手入れ不足
2.コーヒー、紅茶、ワインをよく飲む。タバコも吸う
 
これでは歯も黄ばみます。上記のことは外因性ですが、内因性と呼ばれるものもあります。
 
1.神経を抜いた歯は色が悪くなります
2.年齢を重ねると徐々に歯は黄色く、黒ずみます
3、フッ素の影響でも歯はくすみます

 

 

 

 

 

 

 

 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ための方法はどんなものがある?

ホワイトニング坊や

 

歯の黄ばみ解消する、一般的な方法を紹介します。
 
1.歯を塗ります
歯を削らずに歯の上からコート材を塗布します
 
2.歯をかぶせる
歯の表面を0・57ミリ程度削り、セラミックを被せる治療法です。
 
3.歯を漂白する
過酸化物を用いて着色物質を漂白する方法です。歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。

 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニング坊や

ホワイトニングのメカニズムを紹介します。
 
1.歯が変色した状態から
 
2.過酸化水素または過酸化尿素で色素分解します。
 
3.ホワイトニング後白くなります。
 


歯の黄ばみ解消(歯を白くする)商品は日本にありますか

ホワイトニング坊や

 

歯の黄ばみ解消商品、歯を白くする商品は日本でもたくさん売られています。
 
全国展開する薬局チェーン店に行ってみてください。歯ブラシや歯磨き粉の近くにホワイトニング商品が意外とたくさん陳列されているのに気がつくでしょう。
しかし、歯ブラシや歯磨き粉と違い、商品名は浮かばないのではないでしょうか。
 
理由はマスコミで宣伝していないからです。歯磨きで歯を白くするCMは従来からありますが、ホワイトニングジェルで歯の黄ばみを解消する、歯を白くするCMを私はしりません。
 
推測ですが、アメリカでは30年前から売られているホワイトニングジェルは日本の薬事法では売れないことが関係しているのではないでしょうか。
 
ですから、ビーグレンは日本市場に目をつけ、個人輸入の形でホワイトニングジェルを販売しました。
 
日本でもビーグレンデンタルほどではありませんが、歯を白くするホワイトニングジェルは販売されています。比べてみればどちらが効果があるのか、わかるでしょう。

 

製品名 メーカー(原産国) 主な成分 備考
NITEホワイト・エクセル 3g デンツプライ(アメリカ) 過酸化尿素10% 増粘剤等 認可(日本初厚生省認可品)
ハイライト シェードアップ 3g  松風(日本)

 
過酸化尿素10% 増粘剤等

認可
オパールエッセンス 1.2mL ウルトラデント(アメリカ)

 
過酸化尿素10% 増粘剤等

認可
ティオンホーム 2.5mL ジーシー(日本)

 
過酸化尿素10% 増粘剤 酸化チタン等

認可
GO SMiLE ホームホワイトニング 1g ゴースマイル(アメリカ)

 
過酸化水素6% 増粘剤等

未認可(1回使い切りタイプ)
3D Crest ホワイトスリップス クレスト(アメリカ) 過酸化水素 未認可(シートタイプ)

 

 


 

 

歯の黄ばみ解消(歯を白くする)まとめ

ホワイトニング坊や

歯の黄ばみ解消(歯を白くする)には歯科医院に通うオフィースホワイトニング、ホームホワイトニングが主流です。
 
 
オフィースホワイトニングは安定感があり、面倒がありますが、通院する時間、場所の制約があり、また料金、費用面でもかなり高額になります。
 

 

 
日本では欧米と比較して、歯に対する意識は低いですが、今後は歯に対する意識は高まってきます。
 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

製薬会社と共同開発したホワイトニング歯磨き【薬用パールホワイトプロ】

 

 


ホワイトニング市場が限りなく広がっています

実は日本でも歯を白くしたいと思っている人、年々増えています。オールケア&ホワイトニング市場が広がっています。

 

 

 

ホワイトニング関連用品 【口腔ケア用品】売上。

 

2013年54億円2014年57億円、2015年59億円、2016年60億円超え。2020年には70円億以上が予測されます。

 

 

 

 

 

これは、日本の国際化、2020年の東京オリンピック・パラリンピックとも関係しています。日本は、先進国の中でも歯に対する意識が低いと言われてきました。歯のホワイトニングに関してそれほど気にしない国民でした。

 

 

 

一方、アメリカでは国民の歯に対する意識が高く、オーラルケア商品が一般家庭にも普及しています。これは「歯の汚さは貧しさの象徴」と言われるほど、歯に対する意識が高いので、ホワイトニングには気を配ります。これが日本にも流布してきたとも言えます。